| Welcome | 1.Vistaへの導入の概要 | 2.Basilisk | 3.SheepShaver | 4.実際への応用 | 5.Profile | 6.Links |

Mac on Vista

MacはVista上で走るのか?‥‥‥もちろん走りま~す!(^o^)

 Basilisk, SheepShaverのVistaへの導入記‥ 

bothmachines.jpg
このサイトではVista上にClassicMacを走らせることが出来る2つのエミュレーターソフトである「Basilisk」と「Sheepshaver」のVistaへの導入について説明していきます。

この説明は…マック歴15年余りの自分がウインドウズへの移転に際し、過去の遺産?であるマックを残そうとウインドウズVista上でマックを走らせるのに試行錯誤した経緯から得たものです。

そんな自分の経験がマックフリークの皆さんにも役に立てば幸いです!

Medkid 2008/03/22 00:46




←–この画面は…
Vista上でBasiliskにより走るMacOS7.55(68K)とSheepShaverによる走るMacOS8.0(PowerPC)です。
そう~Vistaでも、動くんですよ…^_^


 INDEX 

1.Vistaへの導入の概要: Vistaの特殊性とBasilisk,SheepShaver導入の注意点
2.Basilisk: VistaへのBasilisk II JIT導入記
3.SheepShaver: VistaへのSheepShaver導入記
4.実際への応用: 実際に使えるものなのかを検証!
5.Profile: Medkidの紹介で~す8-)
6.Links: BasiliskやSheepShaverを動かすのに有用なサイト

★注意事項★

1:ROMの扱いについては‥自己所有のマックがあり、そのマックからROMを吸い出して使うことを前提に行うことが重要です。このマックのエミュレーターに関しては賛否両論で厳密に考えると「法に触れる部分もある!」という方もいらっしゃるんですが‥68kからのマックを使っている自分の様な方は、急にアップルの方針が変わって昔のソフトが全く動かなくなっても困りますよね‥。アップルの方針の変更は仕方がないんですが、1本数十万のmathematicaの様なソフトが使えなくなっても誰も責任を取ってくれなくて泣き寝入りするしかないのは困りものです‥。ただ、おそらく自分の様な方はバックアップのOldMacも数台はお持ちだと思いますので‥「BasiliskやSheepShaverを使うことが出来る方はOldMacを持っていらっしゃる方」という前提をお守り下さい。また、これを遵守することがBasiliskやSheepShaverの継続開発に必要な条件をもたらせているという現状があることを知って頂くことも重要です。ちなみに自分は68KからPowerMacまで10台位は保有しています‥。

2:このサイトでの記述は自分のVistaでの出来事で…皆さんのVistaでは再現が出来ないかも知れません。Vistaのバージョンの違いからか?説明書(ReadMeファイル)の通りインストールが出来る場合もあるみたいですので…自分(Medkid)のケースとして説明をごらんになって頂ければと思います。また、このサイトはDokuWikiにより作成されており…Wiki独特の構成となりますがページの上下にIndexを作ってありますので、そのIndexからページを辿って下さい。


 
welcome.txt · 最終更新: 2008/04/12 12:10 by medkid
 
Recent changes RSS feed Creative Commons License Donate Powered by PHP Valid XHTML 1.0 Valid CSS Driven by DokuWiki